04.歌人の塚本邦雄氏死去 84歳

前衛短歌の旗手で、戦後の短歌界に大きな影響を与えた歌人の塚本邦雄氏が9日午後3時54分、呼吸不全のため大阪府守口市の病院で死去した。84歳。滋賀県出身。葬儀・告別式は13日に大阪府東大阪市荒本西、東大阪玉泉院で。喪主は長男で作家の青史氏。

9日、施設で足腰のリハビリ中に食べ物がのどに詰まり、病院に搬送されていた。

大阪の商社に勤める傍ら、歌人・前川佐美雄に師事して「日本歌人」に入会。1951(昭和26)年、第1歌集「水葬物語」を刊行。以後、作品を次々に発表し、岡井隆氏、故寺山修司氏らとともに前衛短歌運動の中心的存在として活躍した。作家の故三島由紀夫とも交流があった。

象徴主義的、反写実的作風は、それまでの自然主義や写生論などで事実性にとらわれていた短歌界の常識を大きく覆した。鮮烈な美と情念の世界を壮麗な日本語を駆使して歌い上げ「言葉の魔術師」と呼ばれた。

「日本人霊歌」で現代歌人協会賞、「詩歌変」で詩歌文学館賞、「不変律」で迢空賞、「黄金律」で斎藤茂吉短歌文学賞、「魔王」で現代短歌大賞など多くの賞を受賞している。

89年から10年間、近畿大教授を務めた。90年、紫綬褒章を受章。短歌結社「玲瓏」主宰。

「定型幻視論」「茂吉秀歌」(全5巻)などの評論のほか、小説「藤原定家」「紺青のわかれ」も著すなど、旺盛な活動で知られた。「塚本邦雄全集」(全15巻)が出ている。(共同)

産経新聞
(06/10 08:14)